クエリーの実行

この章では、エンティティから情報を検索、抽出、操作するために必要なクエリーの実行について説明します。

1. カラムの確認

a. D-Ocean SDP のトップページから、対象エンティティの右上のメニューを開き、「Query」をクリックします。

b. テキストボックスに 「describe `${対象のエンティティ名 }`」を入力します

c.「Execute」ボタンをクリックします。

d. クエリーが成功すると、画面下部に、対象エンティティのカラムが表示されます。

2.クエリーの実行

a. D-Ocean SDP のトップページから、対象エンティティの右上のメニューを開き、「Query」をクリックします。

b. テキストボックスに任意のクエリーを入力します。

c.「Execute」ボタンをクリックします。

d. クエリーが成功すると、画面下部に結果が表示されます。

3. CSV のダウンロード

a. D-Ocean SDP のトップページから、対象エンティティの右上のメニューを開き、「Query」をクリックします。

b. テキストボックスに任意のクエリーを入力します。

c.「CSV」ボタンをクリックします。

d. 処理が成功すると、画面下部にダウンロード用のリンクが表示されます。

Note :

  • FROM 句でのエンティティ名は、スコープに応じた接頭詞を指定してください。
    • My Entities : $
    • <グループ> : $<グループ名>
    • Public : $public
  • 「Clear」ボタンをクリックすると、テキストボックスのクエリーを削除することができます。
  • 「Keep query result」をチェックすると、再度クエリー画面を表示した際に、結果を残しておくことができます。