Google BigQuery

Google BigQuery との連携

前提条件:

  • Google Cloud Platform プロジェクト
  • アクセス権が設定可能な Google BigQuery のデータセット


1. IAM ユーザーの確認

a. ナビゲーション・バーのプロフィール画像をクリックします。

b. 画面左下に表示される IAM ユーザーの値をコピーします。

2. IAM ユーザーの設定

a. Google BigQuery の Classic UI にアクセスし、インポート・エクスポート対象のデータセットを表示します。

b. 対象のデータセットを右クリックし、「Share dataset」を選択します。

c. 前のステップでコピーした IAM ユーザーをペーストし、「Can edit」を選択した状態で、「Add」します。

d. 最後に「Save changes」で変更を保存します。

3. データソースの作成

a. D-Ocean SDP のプロフィール画面に戻り、「Cloud DataSources」の「Add DataSources」ボタンを押します。

b. 下記のデータソースの情報を入力し、「Submit」ボタンを押します。

Name : データソースの名前

Accessible by other users : 同一ドメインのユーザーにも同じデータソースへのアクセスを許可する場合は、ドメイン名を選択

Products : Google BigQuery

Project ID : 対象の GCP プロジェクト ID

Dataset ID : データセットの ID

Note :

  • Google BigQuery 間のインポート・エクスポートは、リージョンを跨いで実行することが可能です。